旅人の書

旅するように生きよう。

休日には、部屋を片付けながら、本を聴こう―世界で大人気の「こんまりメソッド」をAudible(オーディブル)で―「人生がときめく片付けの魔法」(近藤麻理恵著) 

「こんまり」こと、近藤麻理恵さんによる、「人生がときめく片付けの魔法」。初版発行は2010年。日本では、少し前に流行した本、という印象でした。ところが、どっこい、2019年に「こんまりメソッド」 "Konmari Method"は、世界の流行語となります。

シリアから国境を越えイラクの難民キャンプへ

イラクのクルド自治区には、10月14日からシリア北東部(トルコ国境に近いラスアルアイン、カーミシュリ、ハッサケなど)からの難民が継続的に入ってきています。UNHCRを中心とした人道支援団体と、イラクのクルド自治区政府が、緊急人道支援として、難民キャ…

書評 「ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー」(由佐美加子、天外伺朗著)

「ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー」(由佐美加子、天外伺朗著)という本を読みました。 この本にはメンタルモデルの4類型が紹介されています。 ・「価値なし」モデル ・「愛なし」モデル ・「ひとりぼっち」モデル …

マルセイユタロットで自分占い

マルセイユタロットってご存じですか? わたしは、4,5年前に、集中してコーチングや傾聴のトレーニングを積んだ時期がありました。その時のコーチングの勉強は、自分の内側をみつめること、いつもは隠している自分の感情を感じること、自分が心の底から願…

理想のおばあちゃん

今週のお題「理想の老後」 はてなブログの今週のお題「どんな老後を過ごしたい?」でブログを書いてみることにしました。以前もお題で書いてみた時に、いつもより読んでいただけたようだったので、うれしかったです。読者がいないとブログを継続するのがつら…

イチロー引退記者会見

イチローが今年3月に引退したことは知っていました。しかし、引退会見は、今日まで観られていませんでした。 その引退会見を先ほど見て、聞いて、感動しています。放置気味のブログについ即座に書きこみたくなってしまうほどに。 これ、どうして今まで見な…

わたしの理想の彼氏

2015年に離婚した少しあとで、こんな詩を作ってFacebookにアップしてありました。われながら、なかなかの力作、名作だと思っているのです。 何を探しているのかがわかれば、見つかる可能性も高まるはず、と期待していたのですが、残念ながら、いまだに出会う…

自己開示

ブログって自己開示の練習かな、と思っていて。 しかし、なんで、練習してまで、自己開示しなければならないのかというと、よくわからないのだけれど、何か、わたしは、自己開示をしたいという欲求も、自己開示をするとよい、という直感もあるのです。 でも…

スワンのはなし

クルド人同僚とのランチの場でのおしゃべり。 (「あ」がわたしで、「ふ」がクルド人同僚。ちなみに彼はイギリス在住歴が長く、英語も上手です) ふ (メニュー見て、チキンの料理注文しながら)「ここのは、チキンだけれど、別のとりの方がおいしいね。ええと、…

ねこじまん

うちのねこが、いかにかわいくて、おもしろくて、かしこいかというじまん話をします。 うちのねこは、ほんとうになつっこくて、うちにいる時は、いつもわたしと同じ部屋にいる。小さいときは、ぺったりくっついていたけれど、今はいろいろな距離の取り方のパ…

なにげにブログを再開

タイトルも変えて、なにげなーく、さりげなーく、ブログを再開してみました。だって毎日、退屈なんですもの。まずは、はてなブログが提供してくれたネタで書いてみようと思う。 今週のお題「わたしとバレンタインデー」 今、中東のある国の、地方都市にて生…

バングラデシュ・ダッカのテロ

7月1日のダッカのカフェでのテロは、本当にショッキングだった。

「役に立たねばならない」をやめようとして「役に立ってはいけない」をしていた話

自由の女神よ、女神よ、女神様。 どうして、わたしは、本当は、自由なはずのに、わざわざ自分で自由じゃないようにしてしまうの?

尾崎裕哉の「I Love You」に感動

I LOVE YOU 尾崎裕哉氏 FBのフィードに流れてきた、尾崎豊の息子、尾崎裕哉のI Love Youを、きいて、思わず涙してしまいました。 まずは、きいてみてください。

途上国への海外旅行・滞在に:おすすめ持ち物リスト

わたしは、今まで合計10年以上、海外で生活しています。 滞在した国々は、シリア、モロッコ、ジブチ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ガーナ、バングラデシュなど。国際協力プロジェクトの仕事をしていたので、基本的には「途上国」と呼ばれる国々です。アパート…

はてなブログにSoundCloudで音声ファイルをアップ:宮沢賢治を朗読してみた

昔から、Web上のいろいろなサービスを試してみることが好きでした。以前は、もっぱら、タスク管理とか、業務効率の向上、仕事のコミュニケーションのために、いろいろ試しました。 最近は、クリエイティブなこと・自己表現をしたいという想いで、いろいろな…

メタファの力、絵の力

メタファというのは、「比喩」とか「たとえ」という意味です。

「束ねないで」「決めつけないで」

わたしはわたしです わたしは、子どもの頃から、「女の子は、ピンクが好きでしょ」など、束ねられ、決めつけられることが、大嫌いでした。たぶん、それに反抗して、女の子らしいことは、わざと拒んできました。今でも、色はピンクはあまり好きじゃなくて、青…

やってみないうちに「善」も「偽善」もない

わたしは、20年前に青年海外協力隊に参加し、その後もJICAの技術協力プロジェクトに関わる仕事をしてきました。

今日のタロット:「深刻になってどうする、もっとふざけよう」

うーん。何か煮詰まっているような、でも大事なことがうごめいているような、よくわからない得体のしれない感じがするので、ペロンと、タロットを1枚、引いてみました。

今、モロッコでしたいこと

わたしは、去年の7月に、約10年間続けた開発コンサルタントの仕事を辞めて、10月にモロッコのシディイフニに引っ越してきました。 きっかけは、去年の5月に出張で、シディイフニを2回目に訪れ、郊外の丘を車で走っている時に、「ここに住んで、この丘を自…

傾聴しないカウンセラー

自分の中にあるマグマのような怒りを出してみるシリーズ 第3弾 言いたいことが溜まっていたのか、どんどん、調子が出てきました。

成長する意思が感じられない人

自分の中にあるマグマのような怒りを出してみるシリーズ 第2弾

ゴミの山のようなウェブ記事

自分の中にあるマグマのような怒りを出してみるシリーズ 第1弾 わたしの「マグマのような怒り」については、この記事をご参照ください。 blog.akikoquest.com

マグマのような怒り

お久しぶりです。わたし、しばらく、ブログが書けなくなっていました。

赤坂「センチュリオンホテル レジデンシャル キャビンタワー」宿泊体験

今、東京で、一泊3225円の宿に泊まっています。

赤坂センチュリオンホテル「サムライラウンジ」は、穴場ワーキングスペースかも

今回東京では、赤坂の「センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワー」というところに宿泊しています。今日は、ホテルのことでなく、ホテルの1階にある「サムライラウンジ」について、書きます。

鬼丸昌也さんと栗城史多さん講演:「たった一歩を踏み出す"小さな勇気"から世界を変える道が始まった」

東京に来ています。Facobookで知人がシェアしてくれ、タイトルが心に響いたので、お二人のこと、今まであまりよく知らなかったのですが、イベントに参加してきました。

「気を使う」について

「気を使う」という言葉は、慣用句のようになって、よく使われていますが、それってよくよく意味をかみしめてみると、「気」を「使う」っていう意味なんだよなあ、と思います。

ハマームの美人姉妹

わたしのうちから、徒歩5分のところにモスクに併設されたハマームがあります。