弧蓬万里

旅するように生きよう。

イチロー引退記者会見

イチローが今年3月に引退したことは知っていました。しかし、引退会見は、今日まで観られていませんでした。

その引退会見を先ほど見て、聞いて、感動しています。放置気味のブログについ即座に書きこみたくなってしまうほどに。

これ、どうして今まで見なかったんだろう!そして、今日見られてよかった!

色々な人に、伝えたいです。これは、とても貴重な会見です。ぜひ、みんな観た方がいいですよ。

 


【全編】イチロー選手が引退会見「後悔などあろうはずがない」(2019年3月21日)

 

感動、感銘のポイントはいくつもありますが、いくつかひも解いてみたいと思います。

向き合ってきた人の言葉

全体を通じて、イチローの言葉、表情、そして語り方から、「ああ、これは本当に向き合ってきた人の言葉だ」と感じました。

イチローが向き合ってきたもの、それはもちろん、野球。そして、絶え間ない練習、プレッシャー、自分の身体、大リーグでの挑戦、、、数しれないものごとに向き合ってきた人なのだと思います。そして、何よりも、それらのすべてを通して、彼は自分自身に、目を背けずに、まっすぐに、向き合ってきた人なんだ、ということを改めて感じました。

自分自身に向き合うということは、弱い心ではできないです。良いときも悪いときも、自分の強さと弱さ、明暗、心身の変化の細部に至るまで、くもりのない目で見つめて、一つ一つに、対処、対応をしていく。

彼はよく自分は天才ではない、と言い、それに対して、いや彼は「努力の天才なのだ」あそこまでの努力を継続できるということは、凡人にできることではないのだ、と言われていますが、努力を継続するというのは、言葉を変えれば、自分に向き合い続けるということだと思います。

言葉に自分をのせる

すべての質問に対して、彼は反応的には、答えない。時々、質問の一部分に対して、質問の途中で軽い冗談のように口をはさんでいる場面はありましたが、そういう場合でも質問の本筋自体をちゃかしたり、交わしたりはせず、まずは質問をしっかりと受け止めて、自分の中にその質問を浸透させてから、自分の内側から言葉を紡ぎだしているように見えました。

ゆっくりの語り口と相まって、大変誠実な答え方に見えました。誠実というのは、先ほど書いたことと重なることですが、必ずしも相手にたいしではなく、まずは何よりも自分自身にたいして、正直で誠実なのだと思います。

そのようにして、いったん受け止めたかみしめた質問に対して、自分の内側から出てくる言葉で答えた回答は、単なる言葉ではなくて、イチローという人間がしっかりとのった、重みのある言葉になっている。

イチローは、軽妙な受け答えやはぐらかしもできる人という印象がありましたが、この記者会見における彼は、質問者の意図も、自分自身の表現も、両方を大切にし、誠実に丁寧に回答していると感じました。

内側に確固たる自分の芯があり、そのまわりで常に思索を巡らせている人でないと、こういう回答の仕方はできないと思います。

野球を通して生き方を描く

彼ほどの一流のスポーツ選手ともなれば、野球選手や野球ファン以外への影響力も大きいため、野球だけでなく、生きていくということの全般に対するメッセージを求められる機会も多くなるのだと思います。この記者会見の中でも、そういう方向性の質問がありました。

しかし、彼は、そういう質問に答えるときも、「自分自身が野球を通して経験したこと」という文脈を、決して外しませんでした。生き方のメッセージを、単なるコメンテーター、アドバイザー的に語ることはしませんでした。野球と、自分と向き合ってきた、イチローが語るからこそ、重みがある。伝わる。彼が自分自身に何度も言い聞かせてきたのだろう思われることがを、メッセージとして、心をこめて、やや目を潤ませながら、自分自身の内側から大切にとり出してきた言葉で語る。

引退会見という大切な機会だからこそ、彼は、この会見の中で、一貫して、そういう姿を見せてくれました。これは、いかにイチローといえども、気軽に頻繁に見せてくれる姿ではないと思います。ですから、この引退会見は、ほんとうに必見なのです。

 

わたし厳選のハイライト

全部見る時間のない方のために、ハイライトを。

 

0:5:56-  子供たちへのメッセージ

「野球だけでなくてもいいんですよね、はじめるものは。自分が、熱中できるもの、夢中になれるものを見つけられれば、それに向かってエネルギーを注げるので。そういうものを早く見つけてほしいと思います。それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていける、向かうことができると思う。それが見つけられないと、壁が出てくるとあきらめてしまうということがあると思うので。まあ、いろんなことにトライして、自分に向くか、向かないか、というよりも、自分が好きなものを見つけてほしいなあという風に、思います。」

 

0:15:15-  肩の力を抜くこと/楽しいか

「子供のころから、プロ野球選手になることが夢で、それがかなって、最初の2年、18、19のころは、1軍に行ったり、2軍に行ったり。そういう状態でやっている野球は結構、楽しかったんですよ。94年、3年目ですね、仰木監督と出会って、レギュラーで初めて使っていただいたわけですけれども、この年まででしたね、楽しかったのは。あとは、なんかね、そのころから急に番付を上げられちゃって、一気に。もう、ずっと、それはしんどかったです。やっぱり、力以上の評価をされるというのは、とても苦しいですよね。

だから、そこからはね、もう、純粋に楽しいなんていうことは。もちろん、やりがいがあって、達成感を味わうこと、満足感を味わうこと、たくさんありました。ただ、じゃあ楽しいか?というと、それとは違うんですよね。でも、まあ、そういう時間をすごしてきて、将来は、また楽しい野球をやりたいなというふうに。これは、皮肉なもので、プロ野球選手になりたいなという夢がかなったあとは、そうじゃない野球を夢見ている自分が存在したんです。でもこれは、中途半端にプロ野球生活を過ごした人間には、おそらく待っていないもの。趣味で野球を、たとえば草野球に対して、プロ野球でそれなりに苦しんだ人間でないと、草野球を楽しむことはできない、というふうに思っているので。これからは、そんな野球をやってみたいなというふうな思いですね。」

 

21:05  この開幕シリーズは楽しかったか

これも純粋に楽しいということではないんですよね。やっぱり、誰かの思いを背負うということは、それなりに、重いことなので、そうやって1打席、1打席立つことって、まあ、簡単ではないんですね。だから、まあ、すごく疲れました。

やっぱり、一本、ヒットを打ちたかったし、応えたいって、まあ当然ですよね、それは。僕にも、感情がないと思っている人がいるみたいですけれど、あるんですよ。意外とあるんですよ。だから、結果を残して、最後を迎えたら、一番いいなと思っていたんですけど、それはかなわずで。それでも、あんな風に、球場に残ってくれて。。。

まあ、そうしないですけれど、死んでもいいという気持ちは、こういうことなんだろうな、というふうに、思いました。死なないですけど。そういう表現をするときって、こういうときなのかなというふうに、思います。」

 

0:24:00-    有言不実行と言葉にすること

「最低50歳までと本当に思っていたし、まあでも、それが叶わずで。有言不実行の男になってしまったわけですけれど。まあ、でも、その表現をしてこなかったら、ここまでできなかっただろうなと思いもあります。だから、言葉にすること。難しいかもしれないけれど、言葉にして表現することというのは、目標に近づくひとつの方法ではないかな、というふうに思っています。

 

0:26:00-  生き方

人より頑張ることなんて、とてもできないんですよね。あくまでも、はかりは自分の中にある。それで自分なりに、そのはかりを使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていく、ということを繰り返していく。そうすると、いつの日か、こんな自分になっているんだという状態になって。だから、少しずつの積み重ねが、それでしか、こう、自分を超えていけないというふうに、思うんですよね。一気に高みにいこうとすると、今の自分の状態とのギャップがありすぎて、それが続けられない、とぼくは考えているので。

まあ、地道に進むしかない。まあ、進むというか、進むだけではないですね。後退もしながら。あるときは後退しかしない時期があると思うので。でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。でも、それが正解とは限らないですよね。間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど。でも、そうやって遠回りすることでしか、なんか、本当の自分に出会えないというか。なんか、そんな気がしているので。そうやって自分なりに重ねてきたことを、今日のゲーム後のファンの方の、気持ちですよね、それを見た時に、ひょっとしたら、そんなところを見ていただいていたのかなという風に、それが嬉しかったです。まあ、そうだとすれば、すごくうれしいし、そうでなくても嬉しいです、あれは。」

 

1:20:00-  孤独感、外国人になる体験

アメリカに来て、メジャーリーグに来て、外国人になったこと、アメリカでは僕は外国人ですから。このことは、外国人になったことで、人の心をおもんぱかったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分があらわれたんですよね。この体験というのは、まあ、本を読んだり、情報をとることはできたとしても、体験しないと自分の中からは、生まれないので。孤独を感じて、苦しんだことも多々ありました。ありましたけど、その体験は、未来の自分にとって、大きな支えになるんだろうと、今は思います。だから、つらいこと、しんどいことから逃げたいと思うのは、当然のことなんですけれど、でも、エネルギーのある元気なときに、それに立ち向かっていく、そのことが、すごく、人として重要なことではないか、というふうに感じています。

 

 

 

 

 

 

わたしの理想の彼氏

2015年に離婚した少しあとで、こんな詩を作ってFacebookにアップしてありました。われながら、なかなかの力作、名作だと思っているのです。

何を探しているのかがわかれば、見つかる可能性も高まるはず、と期待していたのですが、残念ながら、いまだに出会う気配がまったくないので、掘り出してここにアップしておくことにしましょう。

 

続きを読む

自己開示

ブログって自己開示の練習かな、と思っていて。

 

しかし、なんで、練習してまで、自己開示しなければならないのかというと、よくわからないのだけれど、何か、わたしは、自己開示をしたいという欲求も、自己開示をするとよい、という直感もあるのです。

 

でも自己開示って、特に3年前にこのブログを始めた頃に、いろいろトライしたんだけれど、なんというか、うまくいかないというか、恥ずかしいというか、かっこつかないというか、違和感というか、これが、本当にやりたいこと?ちょっと違う。。と思って、ブログも長期にわたってお休みにしていました。

 

しかし、ここで、賢明な読者のみなさんは気づかれたでしょうか。うまくいかないとか、恥ずかしいとか、かっこつかないと言っている時点で、人目を気にしているっていうことで、どのように自分を見せようということを意識しているっていうことで、それって、ほんとうに自己開示なの?

それは自己演出なのでは。わたしがしたいと思っている自己開示とは違うのでは、と最近あらためておもったのです。それが違和感だったんだろうな。

 

その頃は、会社をやめて、フリーランスで生きていこうという希望。。。というよりは、むしろ、フリーランスで生きねば!、との、強迫観念ぽくなっていたので、自己開示することで、お金を稼げるようになければ!という焦りが、あったのかも。

 

いまでも、ゆくゆくは、フリーランスで生きていきたいとも思っているし、自然な自己開示をして、それでお金も稼げたらという憧れも引き続きありますけれど、まあ、フリーランスは、すぐじゃなくて時間をかけていいと思いなおしているし、ブログ自体で稼ぐ必要はないと思っているので、このブログはゆるゆるといくことにします。

 

わたしにとっての、自己開示について、クリーンランゲージの質問で、自分にたずねてみました。

(「し」が質問で、「こ」が答え)

 

し「その自己開示は、どんな種類の自己開示ですか」

 

こ「油断しているかんじ、ゆるゆると、のんびりして、リラックスしていて。小春日和の暖かい日に、縁側でひなたぼっこしながら、うとうとしている感じです。やわらかいここちよい部屋着みたいの着て。そうしているうちに、外を人が通って、「こんにちは~」とあいさつする。部屋着だけれど、そんなに人に見せられないはずかしい格好をしではないので、安心してリラックスして、こんにちわ~と、あいさつできる」

 

し「油断して、ゆるゆる、のんびり、リラックス。小春日和であたたかい縁側。部屋着で、安心して、リラックスして、こんにちわ~。そのリラックスして、こんにちわ~について、ほかに何かありますか?」

 

こ「ああ、きどらない、ゆるーい、感じですね。やわらかくて、ゆるんでいて、自然体。自由なんだけれど、自分勝手とかわがままではないというか、気取らないけれど、何も他人のことは気にしない、というわけでもなくて。他人にたいしてもフレンドリーな、かんじというか。ああうちの猫みたいなかんじかも」

 

し「きどらない、ゆるーい、やわらく、ゆるんで、自然体。そしてフレンドリーで、うちの猫みたい。その猫についてほかになにかありますか?」

 

こ「そう、うちのねこのリン。独立した自由な、でも気取らず、肩ひじはっていなくて、フレンドリーでユーモラスなんです!いっしょにいたら、やわらかくて幸せな気持ちになる。」

 

し「その独立して、自由で、気取らず、肩ひじはらない、フレンドリーで、ユーモラスなねこのリン。その猫のリン、はどこに、ありますか?」

 

こ「わたしの、胸の中。上半身の胸の前、から上腕のあたりにかけて。その内側と、外側に半分ずつ。そして、そこで元気に動く!!」

 

この、独立心旺盛で、自由で、気取らず、フレンドリーで、ユーモラスなねこのリンが、わたしの自己開示の、わたしのブログのリソースであり、エンジンです。そのリンが縁側で、通りを行く人たちにこんにちは~とごあいさつをするように、リラックスして、ブログを楽しんでみることにしましょう。

 

スワンのはなし

 

クルド人同僚とのランチの場でのおしゃべり。

 

(「あ」がわたしで、「ふ」がクルド人同僚。ちなみに彼はイギリス在住歴が長く、英語も上手です) 

 

ふ (メニュー見て、チキンの料理注文しながら)「ここのは、チキンだけれど、別のとりの方がおいしいね。ええと、英語でなんだっけ、たしか、、そう、スワン。日本でも食べる?」

 

あ「え?!スワン?!スワンって白鳥よね?スワンを食べる?!いやいやいやいや、それ、ダメでしょ!信じられない!スワンって白くて、大きくて、首が長くて、きれいな鳥のことだけど?」

 

ふ「そうそう。よくこのあたりにもいるでしょう」

 

あ「えー、ここでは見たことないけど。。。日本のウチの実家の近くには、冬になると来るよ。うちのお母さんがえさあげてる。渡り鳥でシベリアから来るのよ。ここのはどこから来るの?」

 

ふ「シベリアから来る?それじゃ、違う種類かな。ここのは、いつもいるよ?」

 

あ「え、本当にスワン?首が長くて白くてとてもきれいなの?」

 

ふ(スマホで画像を探して)「あった、これ」

 

あ「なーんだ、これ?あひるじゃん!これは、ダックね。ああ、これすごい美味しいよね!日本料理では使わないけど、中華料理には北京ダックっていう美味しい料理があってね、わたしも、すごい好きよ。」

 

スワンを食べると聞いた時の憤慨ぶりから、一変して、アヒルだとわかった時の、よだれが出そうになった、自分の態度の豹変に笑いました。

 

白鳥と、あひるで、ひどい差別だなーって。

 

でも、ひどい差別だって気づいたところで、やっぱり、白鳥は食べたくないし、白鳥は美しいと思うし、あひるは食べたい。

 

かんがえてみたら、「みにくいあひるの子」っていう話だって、教訓ぽい話に仕立てられてはいるかと思いきや、「子どもの時にいじめられたが、大きくなったら、美しくなって、上流階級の種であることが証明され、いじめた相手を見返してやった。白鳥様には、もともと生まれが下賤であるあひるは、どう逆立ちしてみてもかなわないだろう。」という話しですよね。いいのかしら。こういう話を子どもに読み聞かせたりして。

 

動物の種間差別だからまだしも、人間の人種とか出身国の違いでも、これぐらいの偏見や差別待遇は、実際には当たり前のように存在しているよなあ、と思うのでした。自分の中の先入観や偏見も含めて。

 

ねこじまん

うちのねこが、いかにかわいくて、おもしろくて、かしこいかというじまん話をします。

うちのねこは、ほんとうになつっこくて、うちにいる時は、いつもわたしと同じ部屋にいる。小さいときは、ぺったりくっついていたけれど、今はいろいろな距離の取り方のパターンがあって、でも、必ず目に届くところ、気配を感じるところにいる。

なまえは、本名は「Lynx リンクス」というのだけれど、いつもは、リンと呼んでいる。男の子。

かわいい事例:トイレの時

シャワー・トイレルームの、人間用トイレのとなりに、ねこ用のトイレを置いてある。はじめに、ここがトイレだよって教えたら、すぐに覚えた。以来、わたしがトイレに行くために立ち上がると、必ず一緒についてきて、わたしがトイレに座ると、となりで自分のトイレで、おしっこする。そうじゃないときは、わたしがトイレに座ったら、ふとももの上にジャンプして、ゴロン。パンツおろした素足のふとももに。たぶん、あたたかくて、安定感あって、安心なんだろう。。。わたしも、あたたかくてやわらかくて気持ちいい。この子がきてから、トイレが最高のリラックスタイム。リンは、本当に、かわいいなあ。

かしこい事例:朝、起きるとき

わたしの平日のスケジュールは、朝6時に目覚ましがなって、7時~7時15分ぐらいの間に起き上がって、7時45分ごろでかける。リンは、たいてい夜の間はわたしのベッドの布団の上、足元あたりに寝ていて、6時に目覚まし時計がなる前後になると、枕の上、首回りのあたりに、ゴロゴロ言いながらやってくる。まだねむいねこは、とろとろとやわらかくてあたたかい。わたしのほっぺや首に、リンが背中やおなかを押し付けてきて、いっしょにゴロゴロする。至福の時。

しかし、そのとろける至福タイムは30分ぐらいしか続かない。だんだんリンの目が覚める。わたしの髪をチョイチョイしたり、ガブガブしたり、ワイルドになってくる。それでもわたしが起きないと、鼻を狙って、飛びついて、ガブッ!手で顔をガードしたら、その手をガブッ!この攻防がたいそうはげしいので、そのうちわたしの目も覚めてくる。「わかった、わかった、わかった。おきますよ。あさごはんね。。。」そうして、わたしがベッドからおりたら、リンは先導して走ってキッチンに行く。カーブが周りきれずに少し後ろ足を滑らせながら。

それが、だいたい、いつもちょうどいい起床時間。ちょうどいい時間に人間を楽しませながら起こすやり方をしっている。リンは、本当に、かしこいなあ。

 

f:id:anishibuchi:20190214023955j:image

なにげにブログを再開

タイトルも変えて、なにげなーく、さりげなーく、ブログを再開してみました。だって毎日、退屈なんですもの。まずは、はてなブログが提供してくれたネタで書いてみようと思う。

 

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

 

今、中東のある国の、地方都市にて生活しています。ここは人々が純朴で、シャイで、礼儀正しくて、少し保守的で、遠慮深くて。なんというか、日本の東北地方出身者としては、人々のつきあい方が、なにか懐かしい感じのするようなところなのです。

日々付き合いのある、現地同僚たちは、20代後半から30代中盤まで。20代後半の独身の若者たちが、いつ結婚するのかネタは、定番の職場でのおしゃべりネタ。

そんな一人の男性独身スタッフと、バレンタインデーについて、話をしてみました。

(「わ」はわたしのこと。「り」が話し相手の彼の頭文字です)

 

わ「バレンタインデーの習慣ってある?」

り「うん。あるよ。大学生とか若いカップルね。こっそりデートをしてプレゼントを贈りあったり」

わ「へー。(イスラム教で婚約しないと交際とか難しい土地だけれど、若者はそうよねー)プレゼントは、互いに送るの?女の人から男の人ではなく?」

り「(あたりまえというように)そうだよ。日本は違うの?」

わ「日本はちがうのよ!バレンタインデーはね、女の子が男の子に告白をするチャンスなの」

り「それってつきあっていないっていうこと?!」

わ「そう!付き合っているカップルもプレゼント渡したりもするけれど、特に中高校生とか学生のうちはね。バレンタインデーといえば、女の子から告白をするチャンス! 好きな男の子にチョコレートを贈るの。今は変わってきたとは言っても、まだまだ日本でも告白は男の子から女の子にすることのほうが多いんだけれど、バレンタインデーは違う。」

り「おー、いいねいいね、それ!」

わ「でもね。友チョコとか義理チョコというのも、あるから気を付けなければなりません。(ここで、友チョコ、義理チョコの説明。略。)。だから、チョコレートをもらったからといって、ただ喜んでいてはいけない。本命かどうか、チョコレートにどれぐらい気合がはいっているかを見抜かなければならないのよ」

り「え、それって入札みたいなこと?(ちょうど、仕事で、工事の委託業者を選定するために、入札手続きを進めているところだったので)」

わ「はは、入札??でも、うん。確かに。そうかも。」

 

そっか、バレンタインデーって、入札だったんだ??